【画像で3分業界研究】金融業界の仕事内容から年収まで丁寧解説!

リッチ金融業界
金融業界1

Chapter1.金融業界とは

そもそも金融ってなに?

金融業界2

金融とは、「資金に余裕がある人が資金を必要としている人に資金を融通すること」です。

そして金融は「直接金融」と「間接金融」に分けることができ、金融業界の業種はすべてこの2つに属します。

  • 直接金融銀行などの仲介人を介さずに、資金の貸し借りや投資を行う仕組み
  • 間接金融銀行などの金融機関が仲介役として入り、調整を行う仕組み

金融業界の業種一覧

金融業界3

金融業界の業種は、主に上記の7つに分類することができます。

金融業界4 金融業界5 金融業界6 金融業界7 金融8 金融業界9 金融業界10

Chapter2.金融業界の仕事内容

金融業界11

金融業界の仕事内容として、主に上記の8つに職種に分類できます。

金融12 金融業界13 金融業界14 金融業界15

Chapter3.金融業界のメリット・デメリット

金融業界のメリット・デメリットは以下の通りです。

金融業界のメリット

金融業界16
  • 金融知識が身に付く
  • 仕事上、金融に関する知識は自然と身に付きます。

    さらに会社によっては、金融に関連した資格取得の勉強会を開催してくれるところや、検定受験のための金銭面の補助をしてくれるところもあるようです。

  • 給与が他業界に比べて高い
  • 新規参入が難しい業界は給与が高くなる傾向があり、金融業界もそれに当てはまります。

    データにもよりますが、金融業界は上位TOP3に入るほどの給与の高さを誇ります。

  • 社会的ステータスが高い
  • 金融業界は知名度が高く、社会的信用度の高い仕事を行っているので、社会的ステータスは高いです。

    ローンやクレジットカードの審査は問題なく通ることでしょう。

金融業界のデメリット

金融業界17
  • 異動が多い
  • 金融業界は不正防止のためにも、転勤や異動が多い傾向があります。

    勤務地にこだわりたい人なら、事前に企業の転勤事情を調べておきましょう。

  • 仕事がハード
  • 特に営業職にみられますが、厳しいノルマを課せられるためハードワークであることが多いです。

    お金というデリケートなものを扱うので、その分責任感や精神力も必要となってきます。

  • 思いのほか安定していない
  • 国内市場の縮小化やIT化など、現代日本の金融業界は安定しているとは言い切れません。

    安定化志向の方は、今一度考え直してみる必要がありそうです。

Chapter4.金融業界の平均年収ランキング

今回は、銀行、証券、保険、その他という4つの業種に分けたときの平均年収ランキングを紹介します!
参考記事

「ホールディングス=HD」「フィナンシャルグループ=FG」と省略しています。

銀行系企業の平均年収

金融業界18

証券系企業の平均年収

金融業界19

保険系企業の平均年収

金融業界20

その他金融企業の平均年収

金融業界21

Chapter5.金融業界で求められる人材

金融業界22
  • コミュニケーション能力が高い人材
  • 企業の経営者や多種多様な個人の顧客と関わることになるため、高い対人スキルを必要とされます。

    できるだけコミュニケーションを取りたくないという人には向かない業界だと言えます。

  • 責任感が強い人材
  • 顧客の大切な財産を預かる立場上、強い責任感と誠実さは求められます。

    顧客と直接会って会話する機会も多いため、相手に不快感を与えない人当たりの良さも大切です。

  • メンタルが強い、ストレス耐性がある人材
  • 業務内容や職場環境が厳しい企業が多いため、自分のメンタルをしっかりと管理できる能力が求められます。

    職場内での人間関係を上手く構築したり、仕事以外の場でストレスを発散したりなど、自己管理の能力が身に付いていることが重要となってきます。

LINE@で『キャリコレ』限定情報配信中!

『キャリコレ』 の最新情報をお届けします。LINE@の友達になると配信が受け取れるだけでなく、就活相談ができます。

  • 人気ベンチャー企業の選考パス情報!
  • 何度でも交通費支給!
  • 人事の裏話が聞ける!
  • 移動なし!電話・LINEで就活相談ができる!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です