【図解付き】リクルートスーツって何色がいいの?-業界ごとの最適な色を徹底解説-


こんにちは。

みなさんは就活を本格的に始めていますか。
就活に本腰を入れ始めた就活生の方なら、すでにリクルートスーツを何着か購入されたと思いますが、何色のスーツを持っていますか?

就活におけるスーツの色といえば、「黒」が主流となっていますが、他にも紺色やグレーなどの色も思いつくと思います。

そしてそれぞれの色によって、利点や印象は変わってくるのでしょうか。

今回は、色別で面接官に与える印象の違いや特徴と、業界別にどのスーツの色が適しているかまとめました!

リクルートスーツを新しく買おうか悩んでいる方は必見です。

👇私服で参加できる、即日内定イベントはこちら👇

リクルートスーツにおける色の違いとは?

先ほども挙げましたが、就活の際のスーツの色の選択肢としては、

 

  • 「黒」
  • 「紺」
  • 「グレー」

 

 

の3つがあります。

間違っても白いスーツで臨もうなどと思わないでください。
貴重な人生を棒に振ることになります。

ですが、グレーも白色のスーツとさほど違いはないのでは…と感じる方もいらっしゃると思います。

それぞれの色について、特徴や印象などについて詳しくみていきましょう。

【黒】リクルートスーツの王道

黒色のリクルートスーツはなんといっても無難です。

今では就活生のおよそ70%弱がブラックスーツを着用しているというデータもありますので、周りから浮きたくない方には黒色をおすすめします。

また、ブラックスーツは就活以外の場面でも使えるという汎用性の高さもメリットの一つです。

大学生にもなると、冠婚葬祭に出席する際にはもう学生服を着ることはできません。(もちろんコスプレはNGです。)

しかし黒色のリクルートスーツであれば、突然の冠婚葬祭等のときでも代用することができ、非常に便利な色となっています。

最初の1着目として買うには「黒色」が賢明かと思われます。

【紺】日本人に似合う色

紺色といっても様々な色の明るさのものがありますが、リクルートスーツとしての紺色は「濃紺色」になります。

ビジネスでの定番色でもあるため、就職してからも問題なく着ることができます。

また意外なことに、世界中を見てもネイビースーツが最も似合うのは日本人だと言われています。
その理由として、日本人の黄色がかった肌の色に対して紺色が最も映えるように見えるからです。

濃紺色のスーツは黒色のスーツと違い、与える印象も変わってきます。

ネイビースーツを着ることにより、

 

  • 爽やか
  • 誠実
  • 真面目
  • 落着き

 

 

という好印象を相手に与えることができます。

これらの印象は就活において重要なファクターとなります。
志望度が高い企業の選考や最終面接などの勝負どころのために、1着でも用意できると心強いこと間違いなしです!

【グレー】欧米のビジネスの定番色

紺色同様、グレーも色のトーンは様々ですが、リクルートスーツとして着用するならば「チャコールグレー」(ダークグレー)を選びましょう。

チャコールグレーはグレーの中でも最も黒色に近く、フォーマルな印象があります。

グレーは黒色や紺色に比べて着用している就活生は圧倒的に少ないですが、日本でも昔から定番色として選択肢に入ってきます。

チャコールグレーという色が与える印象としては、

 

  • 落ち着き
  • 知的
  • 上品

 

 

などのクラシックなイメージです。

落ち着いた雰囲気を醸し出せるため、個別面接などに適している色といえます。

地味や目立たないなどのイメージを抱く方もいらっしゃいますが、時代や流行に左右されずに着用できることも一つの魅力です。

また印象とは別のメリットとして、グレー系統のスーツは汚れが目立ちにくいです。
黒色や紺色と違って、ホコリやフケといった白い汚れが目立ちにくいので、手入れが簡単となっています。

そして選考や面接の場面とは別に、同じ企業に何度も訪問する場合やOB訪問などの際にはグレースーツがおすすめです。

毎回黒色や紺色のリクルートスーツでは重い印象を与えかねないため、さりげないリラックス感を感じさせるグレーをチョイスすると効果的かもしれません。

志望業界別で戦略的に色選び!

それぞれの色の特徴や利点を学びましたが、お気に召した色はありましたでしょうか。

黒色や濃紺色のリクルートスーツを一着持っておけば大抵困りはしませんが、業界によっては好まれる色や避けた方が良い色の傾向があります。

自分の志望業界の傾向を知って対策をしておきましょう!

一目でわかる!業界別おすすめの色リスト

リクルートスーツの基本である黒色、濃紺色、チャコールグレーの3色について、業界ごとに効果的か否かをまとめました!

 

「評価基準」

◎(おすすめ)
〇(問題なし)
△(注意が必要)
×(避けた方がよい)

【紺】汎用性の高さは抜群!

実は2000年以前の昔では、リクルートスーツの主流の色は圧倒的に紺色でした。

したがって、昔ながらの企業の面接官世代や官僚の多くは、自分自身がネイビースーツで就活をしていたこともあり、リクルートスーツ=濃紺色という認識が強い傾向があります。

そんなネイビースーツは、金融業界や国家公務員などの「堅い」イメージの会社に適しています。
他にも親しみやすさも求められやすいIT関連、広告、アパレルなどの業界でも幅広く活躍することができます。

万能なネイビースーツですが、地味で堅実な社風を掲げるメーカーなどでは、マイナスな印象を与えかねないので注意しましょう。

【黒】こだわりのない人向け

一見どこへ着て行っても問題なさそうなブラックスーツですが、金融や保険業界では注意が必要です。

銀行等には、お客様に威圧感を与えるという理由で黒色のスーツを避けるという慣習があります。
したがって、選考とはいえ金融・保険業界ではネイビースーツを着ていくのが無難であるといえます。

現代のリクルートスーツの主流の色というだけあって、それ以外の業界では問題なく着ることができます

紺色やグレーに手を出すのが怖い人は、迷わず1着持っておいて損はないはずです。

【グレー】ファッション性をアピール!

グレー系統のスーツは、堅いイメージの業界である金融、保険業界や公務員系では避けた方が無難といえます。

しかしファッション性を問われるアパレル業界や、身だしなみやトレンドに敏感な広告業界や化粧品業界などでは、紺やグレーの色が効果的であることがあります。

そのような業界では、個人のオシャレさや個性をアピールするためにも、黒色ではなく紺やグレーを選択して攻めてみるのも一つの手です。

紺かグレーかは、自分の好みや与えたい印象によって選んでみてください。

まとめ

いかがでしたか。
リクルートスーツは決して安価ではありません。
せっかく買うならぜひ戦略的にスーツ選びをしてみてください。

👇私服で参加できる、即日内定イベントはこちら👇

関連記事

【男性版】リクルートスーツに合うアイテムは?-ワイシャツ、革靴、バッグ編-

2019.05.30

【男性版】リクルートスーツに合うアイテムは?-ベルト、コート、小物編-

2019.05.30

LINE@で『キャリコレ』限定情報配信中!

『キャリコレ』 の最新情報をお届けします。LINE@の友達になると配信が受け取れるだけでなく、就活相談ができます。

  • 人気ベンチャー企業の選考パス情報!
  • 何度でも交通費支給!
  • 人事の裏話が聞ける!
  • 移動なし!電話・LINEで就活相談ができる!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です