私も間違えているかも…〜人事が見ているグループディスカッションの本当の役割と極意〜

キャリコレ公式LINE

就活における、グループディスカッションとは!?

就職活動といえば
面接、グループディスカッションは切っても切り離せないものですよね。
GDを選考方法に取り入れている企業の割合は、中小企業ではわずか9%なのに対して、中堅企業では20%、大手企業では38%と、企業規模が大きくなるほど高くなると言われています。
(参考:http://toyokeizai.net/articles/-/165227)

そこで企業の選考でまず第一に行われるのが、グループディスカッションというもの。
今日はこのグループディスカッションについての極意をお伝えできればなと思います。

👇GDで当日に内定がでる超優良イベントはこちら👇
GDで当日に内定が出る超優良イベント

何を見ているのか、何のためにしているのか

では早速、このグループディスカッションというもの
何を見て、何のために実施されているのかを理解しましょう。

ここで多くの学生はこう捉えられているかたがおおいのではないでしょうか。

  • たくさんのアイデアを出さなければ。
  • あんまり否定し過ぎたら落ちるからだめだ。
  • 進行役の司会をすれば高評価得られるだろう
  • いやいや、司会はあまり良くないだろう

たしかにあてはまるものもあります。
ですがこれは全て本質的ではありません。

評価基準で一番気にかけないと行けないこと、
それは
【チームの議論に貢献できたか?】
これが全てです。

上の四つの項目は確かにあっていますが、
それは「すべてチームが良い結論を出すのに貢献できる」から評価されるのです。

それでは次に頻出お題を見て、今後の選考に活かしましょう!

4種類のグループディスカッション

自由討論型

これは基本的に答えのない問題について自由に討論するものとなっております。

こちらは、答えの質はあまり問題ではなく
議論に対する姿勢(積極性)がどうであるかがポイントになってきます。

  • 社会で求められる人物像のポイントを三つ述べてください。
  • 学生と社会人の違いを5つ述べてください。
  • 今後の日本はどうなっていくかかんがえてください。

では具体的に対処法を述べていきたいと思います。
具体的な問題について話すわけではないので、思考力というよりは
しっかり意見を言えるか、チームワークを重視できるかのような基本的な資質が見られています。

ですのでポイントとしては、

  • 人の意見をしっかり傾聴して、安易に否定しないこと。
  • 時間配分を気にすること。(しっかりと納期意識を持ってそろそろまとめないかなど意見を述べる。)

このように、
しっかり相手の話を聞く。
時間内にできるようチームを促す。
というような基本的なことができれば、楽々通過できるでしょう!

ディベート型

こちらは賛否の分かれるテーマについて、2グループに分かれて、議論をするグループディスカッションです。

  • 年功序列制度は今後の社会に向けてあるべきか?
  • 小学校の授業にipadを導入するべきか?

では具体的に対処法を述べていきたいと思います。
ここでは、相手の発言の意図を汲み取れるか。
うまくチーム内で論理をまとめられるか。が見られていて、論理思考力に重きをおく選考形式と言ってよいでしょう。

ですのでポイントとしては、

  • 結論▶︎根拠▶︎具体例▶︎結論を繰り返すの順番で整理する。
  • 攻撃的にならないように。あくまで、ゆっくりとした口調で相手の論理を反駁する。

このように、論理を意識して話を組み立てることによって高い評価が得られるので、通過できるでしょう。

選択型

選択型のグループディスカッションは、
複数の選択肢から一つを選び出すグループディスカッションです。

  • 人類は地球から火星に移り住むことになりました。以下から四人選んでください。
  • ある広告業界A社に一人採用するとします。この中で一人採用してください。

この選考では、
チームでどれだけうまく一つの案を導きだせるか。この過程がすごく重要視されます。
ここでのポイントとして、みんなが納得できる基準点をしっかり把握し合いながら議論することです。

例えば火星に連れていく人をまず決める前に、自分たちで火星で生き延びるために必要なこと柄を決めてから選びませんか?と議論してから話し始める。
こうすることでより合意形成が可能になります。

課題解決型

課題を解決するための施策を議論するグループディスカッションです。
こちらが一番頻出度が高いグループディスカッションです。

  • 電気屋さんの売り上げを二倍にしてください。
  • 訪日外国人観光客を増やす施策を考えてください。

対策方法として

  • 議論のスタート地点を共有する。(前提の定義)どこにあるか決めてから話し合いませんか?大学の側か、オフィスの側かでは違いますよね。etc..
  • 時間配分を決める。前提定義→施策出し→施策のまとめ・選択→施策をブラッシュアップする→発表の形にまとめる→発表者の予行練習→予備の時間の順で進める。
  • アイデアを選ぶときは絶対に多数決ではなく、「コスト」「実現可能性」などの基準をつくり、基準に基いてアイデアを選びましょう。
  • 発表をわかりやすくまとめましょう。結論を先に述べ、「なぜその結論に至ったか?」を具体的に説明してください。

これらのポイントを意識して順序立てて整理しましょう。

これまでは流れとともに、確認してきました。
では、次にその中でも分けられる
役割ごとの戦略を見て行きましょう。

役割

司会

まず初めに司会についてです。
勘違いされる方が多いのですが、司会はリーダーではありません。
あくまでも司会の役割は議論を整理・活性化することです。

ポイントとして

  • 人が話しやすい環境を作ってあげる(相槌する、〇〇さんはどう思いますか?など意見促す。)
  • 議論の欠点を指摘し、メンバーから意見してもらう。

例えば、AについてBの観点からはそういえるけどCの観点からはどうだろうなど。

これらを意識して行うとメンバーから信頼され、良い評価をもらえることまちがいないですね!

タイムキーパー

次にタイムキーパーです。
こちらは、専任でするものではありません。
たいした負担がないので
書記や司会、アイデアマンの役割と兼任でやりましょう。時間以内に結論を出せるようにチームメンバーに働きかけます。

ポイントとして
一言、盛り上がってるところ悪いんだけどそろそろまとめましょう。など一言添えられると高評価です!

書記

書記はとても議論に貢献できる立ち位置です。
言わば、初めに述べたように議論に貢献できたかどうかに一番関わってくるポジションだからです。
なぜならば、書記が意見をまとめていけば、それを見ながら議論が出来るからです。

ポイントとして

  • アイデア・意見の共通点を見つけ、同種の意見をグループ化してまとめる。
  • プレゼンで発表しやすいように、論点をまとめていく。
  • 「今まで出た意見はこうまとめられるよね」等の発言を出すことによってみんなの頭の整理にもつながります。

このように、
出た意見を書き出すだけではなく、同じタイプの意見をまとめてみたり、意見の対立点を書きだしていったりしていけば、司会以上に議論に貢献できるでしょう!

アイデアマン

これはその名の通り、意見を出しまくる人です。
ただしここで問題なのが、ただひたすらにアイデアを出しまくる人がいますがそれでは評価は低いです。

必ず、チームに貢献することを念頭に入れ論理を破綻させないように意見を出して行きましょう。

方向修正する人

(New、あまり言われないけど大切)
最後に、方向修正する人です。
いわゆる、監視役の人です。
議論の進行がずれないように監視する役割で、チームが誤った方向に行くのを防ぎます。少ない発言数でも一目置かれるポジションなので、場合によっては一番評価されやすいポジションでもあります。

ポイントとして

  • チームが議論のプロセスを決めないまま議論をしだしたら、止めてまず時間割を作る方向へ持っていく。
  • 制限時間を越しそうになったら、止めてまとめを促す
  • 議論が違う方向へと進んでいたら、ちょっと待ってと話を一度止めて整理を促す。

このようにできれば、少ない発言でもチームに非常に貢献できます。
このことから、一目置かれるのです。
冷静な視点には自信のある方におすすめですね!

これらを意識しておけば、まずグループディスカッションに困ることはないでしょう。
自分に一番合った役割を見つけて積極的に動いて見ましょう!

まとめ

以上が大まかなグループディスカッションのポイントになります!
気をつけて欲しいのが、これを知ったからといってうまくなるわけではありません。

18卒の先輩も言っておりましたが、やはり実践あるのみです。
かといってもどこでやるんだ。そんな数できるところなんてあるの?と疑問に思う方もいるかもしれません。

ですが、一番簡単な方法があります。
それは就活生同士でグループディスカッションの練習をすることです。

これはうまくいった18卒の先輩のお話を聞くとみんな声をそろえて言ってました。
いろいろ就活仲間に声をかけてやってみるのもありですね!

本日は以上です。これらを踏まえて素晴らしい就活ライフを迎えてくださいね!

👇GDで当日に内定がでる超優良イベントはこちら👇
GDで当日に内定が出る超優良イベント

LINE@で『キャリコレ』限定情報配信中!

『キャリコレ』 の最新情報をお届けします。LINE@の友達になると配信が受け取れるだけでなく、就活相談ができます。

  • 人気ベンチャー企業の選考パス情報!
  • 何度でも交通費支給!
  • 人事の裏話が聞ける!
  • 移動なし!電話・LINEで就活相談ができる!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です