あなたはどう生きる?〜最近のメガバンク事情から見るこれからのキャリアの描き方〜

キャリコレ公式LINE

昨今ベンチャー企業がどんどん増える中、それでもまだまだ大手企業を志望している学生が非常に多いように感じます。
大手企業を否定している訳ではありません。
ただ大手企業を志望している学生の半数以上が「なんとなく安定していそう」というような安易な考えのもと大手志向になっている学生がいるのではないでしょうか?
今回は金融業界、さらには三大メガバンクに絞ってこれからのキャリアの描き方を考えて行きましょう!

就職先人気ランキングについて

下記のサイトでも分かる通りまだまだメガバンクは本当に人気です!
2018年卒就活生の就職先人気ランキングではなんと5位以内に3大メガバンク全てがランクインしています。
その中でも

1位 みずほフィナンシャルグループ
2位 三菱東京UFJ銀行
5位 三井住友銀行

となっています。
(参考URL:https://job.career-tasu.jp/2018/guide/study/ranking/※株式会社DISCO調べ)
「おそるべし、三大メガバンク」といった感じですね…

◯万人の人員削減!?三大メガバンクのこれからの社員数について

就職先人気ランキング、5位以内に全てランクインするほど大人気のメガバンクですが実はこれから大幅な人員削減を考えているとのことです…

三菱東京UFJ銀行

今後10年程度で約1万人の人員削減を検討中とのニュースが去年あがりましたね。
下記URLを参考までに。
(参考URL:http://biz-journal.jp/2017/11/post_21177.html

みずほフィナンシャルグループ

今後10年程度で約1.9万人の人員削減を発表。
グループの社員数が合計7.9万人になりますので約4分の1がリストラということになります…
(参考URL:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO23404300T11C17A1000000/

三井住友銀行

2020年度までに4000人を事業部門へ再配置。
上記2つのメガバンクに比べると大したことには見えませんが、こちらもネガティブな人員配置を行う予定となっております。
(参考URL:http://www.financepensionrealestate.work/entry/2017/11/04/122100

まとめ

就活生のみなさん、このような事実を知っていましたか?
このようなことを知らずに、ただただなんとなく大手がいいといっている就活生はぞっとしたのでは?
大手企業、その中でもメガバンクを志望している学生が悪という訳ではないですが、このような情報を知らないというのはあまりよくないことです。
自己分析・業界分析・面接対策・ES対策などを行うことだけが就活ではありません。
このような経済状況を知ることもまた就活に、そして未来の自分の為に役立ちます。

“会社に守られる”時代は終わり、これからは“自分のことは自分で守る”という時代に移り変わってきています。
このように目まぐるしく変わる社会で、これからあなたはどのようなキャリアを描きたいですか?
この機会に今一度自分のキャリアを見直してみては?

LINE@で『キャリコレ』限定情報配信中!

『キャリコレ』 の最新情報をお届けします。LINE@の友達になると配信が受け取れるだけでなく、就活相談ができます。

  • 人気ベンチャー企業の選考パス情報!
  • 何度でも交通費支給!
  • 人事の裏話が聞ける!
  • 移動なし!電話・LINEで就活相談ができる!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です