社会人30人に聞いてみた!「学生のうちに遊んでおけ!」は本当に正しいのか?

キャリコレ公式LINE

私が大学生の頃、よくこの言葉を耳にしました。

「学生のうちに遊んでおけ」

そろそろみなさんも先輩に言われている時期ではないのでしょうか?
これだけ言われていますが「本当に遊んでいるだけでいいのか?」
と疑問に持つことも多いはずです。

ただ、社会人30人に聞いたところやはり「学生のうちに遊んでおけ」は正しそうです。
その理由を解説していきましょう。

そもそも社会人がいう大学生の「遊ぶ」とは?

「学生のうちに遊んでおいた方がいいなら、もっと遊んでおこーぜー!」

「学生のうちに遊んでおけ」と聞くと、このようなことを言う学生が多々現れますが、社会人が言う大学生の「遊び」とはいったいどういうものなのでしょうか?
ここではプラスの意味とマイナスの意味の2種類の意味が存在します。

  • 社会人になったら遊べないから今のうちに遊んでおけ
  • たくさんの経験をするために今のうちに遊んでおけ

上記の2種類にわかれます。
少し詳しく説明していきましょう。

社会人になったら遊べないから今のうちに遊んでおけ

まず、マイナスの意味の方から見ていきましょう。
このようなことを言う先輩はおそらく、社会人になると忙しすぎて遊ぶ時間がなかったり、日々の疲れで休日は遊ぶよりも寝ていたいと考えていたり、そもそも仕事を楽しんでできていない先輩に多いようにみられます。

このような仕事をうまく行えていない先輩が言いがちな意味と言えるでしょう。

たくさんの経験をするために今のうちに遊んでおけ

ではプラスの意味の意見を見てみましょう。
このようなアドバイスをくれる先輩はおそらく、大学時代からも海外旅行や課外活動など、時間のある学生にしかできないような経験をたくさんしている方が多いでしょう。

またそういった遊びを通しての経験が自分のためになることも知っているので前者同様、忙しくても遊びの時間を作り、良好な人間関係も作り出しています。

このように同じ言葉ではありますが、全く意味の違った捉え方ができますので、しっかり意味をはき違えることのないように注意をしておきましょう。

大学生のうちは遊んでおいた方がいい理由

確かに遊びを通してたくさんの経験を得ることは大切なのはわかったけど、読書や、資格を取ることも大事なのでは?
と疑問に思う学生も少なくはありません。
大学生のうちは遊んでおいた方がいい理由を解説しておきましょう。
理由は大きく2つ。

1.たくさんの経験をすることで知らないことを知り、やりたいことが見つかる

就活での最大の悩み、「やりたいことが見つからない」「やりたい仕事がない」
私からすると当たり前のことだと考えています。
まだ学生で、遊びを通してたくさんの経験をしたこともなく、どのような仕事があるかも知らないのに”やりたいこと””やりたい仕事”など見つかるはずもありません。
冷静に考えると当たり前のことですよね。

ただ実際に大学生なのにしっかり未来を見据えて”やりたいこと”を明確にしている学生もちらほらいます。
そういった大学生の共通することはやはり「たくさんの経験をしている」です。
周りの友達でもあてはまる友達はいませんか?
世界何カ国も旅行に行ったり、留学をしたり、課外活動に注力したり…

やはりたくさんの経験を大学生のうちにしておくことは非常に大切ですね!

2.目的をはき違えて行う読書や資格取得に意味はない

確かに読書や資格取得は非常に大切なことです。
ただ、時期や目的によっては時間だけ取られ全く身につかないことの方が大学生だとほとんどだと言えるでしょう。

    • 例えば読書

読書で大切なことはただただ本を読んで知識をつけるのではなく、
”本を読む(インプット)+行動に移す(アウトプット)”の両方を行わなくてはなりません。
この”インプット”と”アウトプット”は必ずセットになります。

何も経験をせずにただただ読書をしているだけだと、よく言われる頭でっかちな人になってしまいます。
実際に新入社員でよくあることが、営業の本を10冊ほど読み自身満々で営業をしてみると全くうまくいかなかったなどです。
インプットとアウトプットの両方を行わなかったが故の典型的な失敗例です。

  • 続いて資格取得。

大学生が資格を取ろうとする理由として一番多いのが「なんとなく」なのではないのでしょうか。
就活に有利になるだろう、友達も取っているから自分も…といった具合に。

目的もなくなんとなく取ろうとする資格は身になることはないですし、なにより本質的ではありません。
もちろん資格がないとできないこと、入れない会社は存在しますので、しっかり目的があることが前提で資格を取得をすることは全く悪いことではありません。
その場合は一生懸命頑張りましょう!

さらに「なんとなく資格を取る」ことは今後の人生を大きく左右する場合もあります。
本来ならば、入りたい会社があるといった目的があり、その会社に入るにはどうしても資格がいるといったように目的からの逆算で資格を取ります。
ですが「なんとなく資格を取ってしまう」と自分は2年生の時に宅建を取ったから不動産業界に勤めないと損だ!という考えになる学生も少なくありません。
このように「やりたいこと」で仕事を選ばずに、「資格」を軸に会社を選んでしまうため実際に働いてみた時に大きなギャップを感じ、最悪のケースだと入社間もない頃の退職となってしまいます。

たくさんの経験をする!で一番おすすめなこと

経験を積むことは色々なことでできますが、一番有効となるものをご紹介します。
それは「長期インターン」です。
実際に社会にでている方となんら変わらない仕事を任せてもらえることもあったり、仕事に制限があったとしても、実際に働いている姿を見れることは何よりも貴重ですよね!
さらに1日2日のような短期的なものではなく、半年一年といった長期的なものになるので得れる経験は想像を絶するものでしょう。
さらにさらに、長期インターンだとほとんどの場合が有給となります!
能力を身に付けながらお金をもらえるなんて最高ですよね…笑

昨今、長期インターンを実施している企業が増えている今だからこそできることです。
私が学生の頃は長期インターンなどほとんどなかったので本当にうらやましいと思う今日この頃です。笑

まとめ

みなさん「学生のうちに遊んでおけ!」の本当の意味を理解できましたか?
ボーリングやカラオケなどもいいですが、時間のある大学生にしかできない経験を積むことに意味があるということなのでぜひ改めて自分の大学生活を見直してみては?

LINE@で『キャリコレ』限定情報配信中!

『キャリコレ』 の最新情報をお届けします。LINE@の友達になると配信が受け取れるだけでなく、就活相談ができます。

  • 人気ベンチャー企業の選考パス情報!
  • 何度でも交通費支給!
  • 人事の裏話が聞ける!
  • 移動なし!電話・LINEで就活相談ができる!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です